機械翻訳(MT/Machine Translation)

 

機械翻訳の歴史

機械翻訳の歴史はインターネット上で数多く紹介されています。たとえば、Asia-Pacific Association for Machine Translation (AAMT) は、日本国内での機械翻訳黎明期から現在に至るまでの歴史を紹介しています (→参考)。コンピュータが出現して以来、人間を介さない翻訳の実現は夢でした。この夢は果てることなく現在にまで連綿と引き継がれています。

 

機械翻訳の技術とは

機械翻訳の技術は日進月歩の状況にあります。

■ルールベース機械翻訳(Rule Based Machine Translation、RBMT、または RMT)

登録したルールに基づいて構文を解釈して翻訳する方法。古い機械翻訳の手法と言われ、現在ではあまり使用されていませんが、コーパス(過去の翻訳資産)がなくてもある程度翻訳することができる、訳抜けがないというメリットがあります。

 

■統計的機械翻訳(Statistical Base Machine Translation、SBMT、または SMT)

大量の対訳データ(通常「コーパス」と呼びます)を登録し統計的手法により訳文を生成する方法です。ルールや辞書の開発の必要がなく、原文と訳文の両方の言語の性質に縛られにくいため、多言語化が容易だとされています。

 

今までは上記の2つ、またはそれらを組み合わせた技術がメインでしたが、ニューラルネットワーク、ディープラーニングによるニューラル機械翻訳(Neural Machine Translation、NMT)が生まれ、2016年11月にGoogleが発表したNMTを採用したGoogle翻訳は、機械翻訳の品質が格段に向上したことで、各界に大きな衝撃を与えました。NMTでは人間が言葉を理解するのと同じような構造で訳文を出力するといわれ、エンジンによってはTOEIC 900点以上の訳文も生成可能といわれています。日本語では機械翻訳の使用は難しいとされてきましたが、今後はどれだけ早く取り入れることができるかがビジネス成功のカギを握っていると言えます。

 

十印の機械翻訳への取り組み

十印は日本で開発が始まった1980年代前半から機械翻訳に取り組んできました。機械翻訳の第一人者である長尾真教授(元京都大学総長)の依頼により、Mu-プロジェクトに参画し、言語研究を主とする部署を創設、翻訳システムメーカー様へ辞書を提供してまいりました。

当時の十印の機械翻訳への取り組みは、一般社団法人日本翻訳連盟での記事に詳しく紹介されています。

21世紀に入ってからも、お客様への機械翻訳導入と翻訳サービス提供を目的に機械翻訳業界団体に積極的に参加し、現在に至っています。

十印では、エンジンを提供するだけではなく、お客さまの使用環境、使用されるコンテンツに最適なエンジンを選択し、翻訳支援ツールとの組み合わせ、プリエディット・ポストエディットなど導入から運用までをトータルで支援いたします。

機械翻訳導入をご検討の際には、ぜひ一度ご相談ください。

 

ソリューションの一部をご紹介いたします。

 

■T-tact Memsource×NICT:クラウド型翻訳支援ツールであるMemsourceを使用して、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@TexTra®」をセキュアに商用利用できるようにしたソリューションです。

翻訳支援ツールを使用してセキュアに商用利用できるソリューションをご提供します。

 

T-tactバナー

 

■T-tact Ohaco:最新のニューラル機械翻訳(Google NMT)を使用した機械翻訳の出力を簡単に編集・修正ができるクラウドサイトサービスです。さらに機械翻訳+人間による修正を加えたデータをデータベースに蓄積することで、アウトプットされる翻訳の品質が向上します。

また、Google NMTエンジンだけではなく各種機械翻訳エンジンを選択することができます。(一部別途費用)。

 

ohacoバナー

 

■Gen-pak:GoogleのNMTエンジンをセキュアに商用御利用できるソリューションです。WordやPowerPointファイルをそのまま翻訳可能です。

 

Gen-Pakバナー

backtotop