業務効率化のためのドキュメント制作システムを構築したい

通信インフラ大手ドキュメント部門

  • 課 題

    投資済みの現状制作システムの運用から離れることは避ける。
    作成時に双方でお互いのリンク先を単独で指定できる仕組みが必要だった。
    最終成果物の検証が単独でできる仕組みが必要だった。
    コンテンツ作成以降のプロセスを自動で処理したい。

  • ソリューション及び結果

    既存のDTD(Document TypeDefinition=文書型定義)を分析・拡張し成果物を作成できる仕組みを構築した。双方の文書構造に基づいた自動リンク先設定・管理方法と、最終成果物検証用の仮想イメージ機能を考案した。
    結果、お客様の満足する連携システム構築の役割分担、最小限の投資計画について同意を得ることができた。

    使用技術・ツール:Windows Terminal Service/Metamorphosis/OmniMark/MS Visual Basic/FrameMaker+SGML

  • 関連情報
backtotop