FAQ (各機械翻訳ソリューション)

 

■Gen-Pakについて

       

■T-tact Ohacoについて

      

■T-tact Memsourceについて

   

Gen-Pakバナー

 

Gen-Pak FAQ

 

Q,サーバが置かれている国はどこでしょうか?

→A,サーバー設置国は日本(Amazon AWS Tokyo region)となります。

 

Q,対応しているブラウザは?

→A,以下のブラウザに対応しております

InternetExplorer 9以降、Microsoft Edge(40.15063以降、Edge HTML 15.15063以降)、Firefox 56以降、Google Chrome 61以降

 

Q,アップロードできるファイルの文字数・サイズの制限は?

→A,1ファイルあたり512MBまでとなっております。

 

Q,使用方法についてわからないことがある

→A,使用方法については、ログイン後の画面右上にあります「?」をクリックしていただきますと 取り扱い説明を参照できます。

 

Q,IPアドレス制限は可能ですか?

→A,ンプレミス版をAWSの専用インスタンスでレンタルする場合は弊社にて設定可能です。

御社管理サーバーの場合は、サーバー管理者による設定が必要ですが通常可能です。

クラウド版にはアクセス制限機能は設けておりません。

 

Q,AD連携は可能ですか?

→A,対応しておりません。

 

Q,保守費用は、サーバーの保守費用のみでしょうか?

→A,サーバ保守の他、サポートと無償アップグレードが含まれます。

 

ohacoバナー

 

T-tact Ohaco FAQ

 

Q,サーバが置かれている国はどこでしょうか?

→A,サーバー設置国は日本(Amazon AWS Tokyo region)となります。

 

Q,対応しているブラウザは?

→A,以下のブラウザに対応しております

Chrome、FireFox、Safari、Internet Explorer 11、Edge

 

Q,アップロードできるファイルの文字数・サイズの制限は?

→A,1ファイルあたり50,000文字、もしくは45MBまでとなっております。

 

Q,使用方法についてわからないことがある

→A,使用方法については、ログイン後の画面右上にあります「?」をクリックしていただきますと各ページ毎の取り扱いヘルプを参照できます。

 

Q,使用方法についてわからないことがある

→A,使用方法については、ログイン後の画面右上にあります「?」をクリックしていただきますと各ページ毎の取り扱いヘルプを参照できます。

 

T-tactバナー

 

T-tact Memsource FAQ

 

Q,サーバが置かれている国はどこでしょうか?

→A,各ソフト、またAPIやTOIN NICT NMTエンジンは弊社管理のAWSサーバー上で設置国は日本(Amazon AWS Tokyo region)となります。

Memsourceのサーバー設置国は欧州(具体的にはフランスまたはドイツ)となります。

 

Q,ファイルあたりの文字数制限は?

→A,NICT MTエンジンでの1ファイルあたりの文字数制限はございません。Memsourceについては最大ファイルサイズ1GB等の制限があります。

(詳細はhttps://help.memsource.com/hc/en-us/articles/115003483412-Memsource-Limits をご参照ください)

 

Q,MemsourceライセンスはT-tact Memsourceに含まれますか?

→A,はい、含まれております。

 

Q,タイムゾーンの設定は可能ですか?

→A,ユーザー設定ページで適宜タイムゾーンを設定できます。

詳しくはhttps://www.memsource.com/ja/japanese_basic_manual/setup_ja/ をご参照ください。

 

Q,Memsourceのデスクトップエディタで用語の選択はできますか?

→A,はい、デスクトップエディタでも用語の選択は可能です。

 

Q,Memsourceのデスクトップエディタでは、オンラインにMTを使えますか?

→A,はい、デスクトップエディタでもオンラインでMTをご利用いただけます。

 

Q,Memsourceを使わず、TOIN NICTのエンジンを利用することはできますか?

→A,Memsourceを介さずに弊社TOIN NICTエンジンをご利用いただく場合は、ご利用形態に応じて別途お見積り差し上げています。

 

Q,Resources statusの一部でMT Engine Errorと表示されることがあります。解消する方法はありますか?

→A,はい、接続状況によってこのエラーが発生することがあります。その場合は、Webブラウザの更新(Refresh)ボタンをクリックしていただくか、Webエディタをいったん閉じてから開き直していただく方法がございます。

 

Q,本番運用において、情報資産及び翻訳情報を保管するのはMemsourceですか?

→A,はい、保管は Memsource となります。

 

Q,十印が管理しているWebAPIには、翻訳元データ・翻訳結果データは残りませんか?

→A,はい、ログを含めてデータは残りません。

 

Q,十印が管理している「TOIN NICT NMTエンジン」には、翻訳元データ・翻訳結果データは残りませんか?

→A,はい、ログを含めてデータは残りません。

 

Q,Memsourceから「TOIN NICT NMTエンジン」へ、翻訳元データを受け渡す際は、翻訳対象のテキストデータをそのままか、拡張子の付いたファイルとしてかどちらでしょうか?

→A,テキストデータをそのまま(ファイルにはせずに)API経由で受け渡しします。

 

Q,MemsourceとWebAPIの間、及びWebAPIと翻訳エンジンの間の通信は暗号化されていますか?

→A,はい、どちらも暗号化されています。

 

Q,翻訳エンジンやWebAPIはどちらで稼働されているでしょうか?

→A,弊社管理のアマゾン ウェブ サービス(AWS)環境で稼働しております。

 

Q,翻訳エンジンに対しての翻訳データ受け渡しは、WebAPI経由に限定されていますか?

→A,はい、翻訳データの受け渡しはWebAPI経由に限定しております。

 
backtotop