2021.08.10

何語に翻訳するべき?需要の高い言語ランキング

グローバル化が進展している昨今は、海外をターゲットにビジネスを展開している企業が多くあります。そして、海外進出する際には文書の翻訳が欠かせませんが、どの言語に翻訳するべきかで迷うことも多いのではないでしょうか。

多くの言語を対象に翻訳を行えばそれだけコストもかさむため、どの言語に翻訳するかは慎重に選ばなければいけません。そこで、ここでは「母語人口が多い言語ランキングTOP20」、「インターネット上で使用されている言語ランキングTOP20」、「世界で最も使用されている言語ランキングTOP15」をご紹介します。

母語人口が多い言語ランキングTOP20

生まれて一番最初に覚える母語は、誰にとっても最も理解しやすい言語です。まずは、母語人口が多い言語ランキングをみていきましょう。

1位 中国語
2位 英語
3位 スペイン語
4位 ヒンディー語
5位 アラビア語
6位 ポルトガル語
7位 ロシア語
8位 ベンガル語
9位 日本語
10位 ドイツ語
11位 ウー語
12位 ジャワ語
12位 韓国・朝鮮語
14位 パンジャブ語
14位 テルグ語
16位 フランス語
17位 マラータ語
17位 タミル語
19位 イタリア語
20位 広東語

参考:文部科学省「(1)世界の母語人口(上位20言語)」

母語人口が多い言語ランキングでは、世界一の人口を誇る中国の言語である中国語がトップとなりました。中国語の母語人口は約8億850万人、2位となった英語の母語人口は約4億人のため、母語人口の多さでは圧倒的だといえるでしょう。

そして、3位には南アメリカの国々など多くの国で使用されているスペイン語が、4位には中国に次いで人口が多いインドの言語であるヒンディー語がランクインしました。なお、日本語の母語人口は約1億250万人で9位となっています。

インターネット上で使用されている言語ランキングTOP20

公式サイトや企業のSNS、ウェブ広告などを翻訳する機会は多いのではないでしょうか。ここでは、インターネット上で使用されている言語ランキングをご紹介します。

1位 英語
2位 ロシア語
3位 スペイン語
4位 ドイツ語
5位 トルコ語
6位 ペルシア語
7位 フランス語
8位 日本語
9位 ポルトガル語
10位 中国語
11位 ベトナム語
12位 イタリア語
13位 アラビア語
14位 ポーランド語
15位 ギリシャ語
16位 オランダ語
17位 インドネシア語
17位 朝鮮語
19位 チェコ語
20位 タイ語

参考:W3Techs「Usage statistics of content languages for websites」

インターネット上で使用されている言語ランキングでは、多くの人が第2言語として学ぶ英語が第1位となりました。その後は、ロシア語、ドイツ語、トルコ語、ペルシア語と続きます。日本語は第8位にランクインしました。

しかし、母語人口が多い言語ランキングで第1位となった中国語は第10位となりました。統計の取り方にもよりますが、母語人口が多いからといってインターネット上でも多く利用されているわけではないようです。

世界で最も使用されている言語ランキングTOP15

世界には、2か国語、3か国語を操れる人がたくさんいます。ここでは、母語話者、第二言語話者、言語習得者の総数が多い言語をみていきましょう。

1位 英語
2位 中国語
3位 ヒンドゥー語
4位 スペイン語
5位 フランス語
6位 アラビア語
7位 ロシア語
8位 ポルトガル語
9位 ベンガル語
10位 ドイツ語
11位 ウルドゥー語
12位 ドイツ語
13位 日本語
14位 スワヒリ語
15位 マラーティー語

参考:statista「The most spoken languages worldwide in 2019」

インターネット上で使用されている言語ランキングと同様に、英語が第1位となりました。その後は、人口が多い中国、インドの言語である中国語、ヒンドゥー語、そしてスペイン語、フランス語と続いています。

たとえ母語話者ではなくても、知っている言語に翻訳されていれば十分に理解することができます。翻訳する言語を選択する際には、第二言語話者、言語習得者を含めた数を考慮することも非常に重要だといえるでしょう。

多言語に翻訳する際には機械翻訳が便利

よりビジネスを大きくしていくために各文書を多言語に翻訳したいと考えている企業は多いことでしょう。しかしながら、予算的な都合や、スケジュールの問題などで、必要なドキュメント全体を翻訳することができないことも少なくないでしょう。

その場合は、通常の翻訳と合わせて、機械翻訳の活用を検討するとよいでしょう。機械翻訳ではスピーディーに翻訳ができるため、時間的ロスがないことも大きなポイントだといえるでしょう。最近の機械翻訳は非常に精度が高くなっており、導入する企業も増えています。多言語に翻訳する際には、ぜひ機械翻訳を検討してみてはいかがでしょうか。

質の高い機械翻訳なら十印にお任せください

十印では、1980年代前半から機械翻訳に本格的に取り組んできました。実績58年の翻訳会社がご提供する機械翻訳システムは、多くのお客様に喜んでいただいています。また、プレエディットやポストエディットを含めたトータルでの導入サポートも行っています。機械翻訳の利用をお考えの際には、ぜひ気軽に十印までご相談ください。

●十印の機械翻訳「T-tact AN-ZIN®」についてはこちら

●十印の機械翻訳「T-tact AN-ZIN®」の14日間無料トライアルはこちら

●WEBサイトの多言語翻訳に十印の機械翻訳「T-tact AN-ZIN®」を使用している導入事例はこちら

backtotop