2018.10.19

法律・訴訟関連の翻訳サービス

法律・訴訟は膨大かつ難解なドキュメントが作成される翻訳ジャンルです。株式会社十印は、法律・訴訟関連において多数の実績を有しています。こちらでは、法律・訴訟関連の翻訳サービスについて、対象ドキュメントの例は翻訳者に求められる要素をご紹介します。

法律・訴訟関連翻訳の対象ドキュメント

法律・訴訟関連翻訳で取り扱われる代表的なドキュメントをご紹介します。

■契約書関連
契約書も法律関連翻訳のドキュメントの範疇です。「秘密保持契約書」「一任契約書」「リース契約書」など、さまざまな契約書が取り扱われています。

■裁判関連
裁判では、多くの書面が作成されます。この点は、国をまたいだ裁判でも例外ではありません。翻訳に際しては、日本だけではなく海外の法律への理解も不可欠です。

■社内規定関連
外国人の従業員に対しては、社内規定の資料を外国語で用意する必要があります。賃金規定や就業規定が代表的な例です。

■M&A関連
M&A(合併と買収)では、非常に多くの資料が作成されます。とりわけグローバル展開している規模感の大きい企業では、国をまたいだM&Aが頻繁です。スピーディーかつボリュームの大きい案件に対応できる翻訳サービスが求められます。M&Aが内容している証券、財務、契約といった分野もカバーしている必要があります。

法律・訴訟の翻訳者に求められる要素

法律・訴訟関連の翻訳は、訳文の仕上がり次第ではトラブルが起きることもある非常にデリケートなジャンルです。それだけに、担当する翻訳者には特別な適正が求められます。

まず、翻訳対象言語の国の法律に関する理解は不可欠です。日本とアメリカの刑罰だけを比較しても、終身刑の有無や生命刑の執行方法といった違いがあります。裁判の実施方法もさまざまです。

さらに、法律・訴訟関連で使用されている単語の多くは、他の単語での代用ができません。この点も、翻訳に細心の注意を要する理由のひとつと言えます。

外国語の能力はあくまで前提です。弁護士と遜色のないほどの法律への理解が、法律・訴訟関連の翻訳者には要求されます。

***

株式会社十印には法律・訴訟専門のトライアルを通過した翻訳者を多数在籍しています。専門性の高い案件や、ボリュームのあるもの、スピーディーな納品が求められるものにも対応可能です。ご希望に応じて、印刷物作成やWebページ作成のご案内もさせていただきます。コストとスピードが魅力の機械翻訳も提案可能です。法律の翻訳に関して、お気軽にご連絡ください。

backtotop